読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kentana20 技忘録

技術ネタを中心に、セミナー、勉強会、書籍、会社での出来事を綴っていきます。不定期更新。

飛騨の古民家で開発合宿をしてきた

Swift 合宿

すごく久々の更新。最近はギョームでバタバタやっていたのと、インプットが少なくてネタがあまりなかったです。 けど、いろいろ進捗してるところもあるのでどっか機会があればまたご紹介したいですね。

前フリは良いとして、本題。

会社の有志メンバーで開発合宿に行ってきた

去年の夏に

kentana20.hatenablog.com

で書いて「開発合宿楽しいな〜」と思っていて、今年もやりたいと考えていたところ、10月末で一休を卒業した id:rei19 が「古民家でやりたいですね〜」とアイデアをくれたので企画して 11/7(土)~11/9(月) の2泊3日で id:naoya, id:rei19, id:minato128, id:RealFightProgrammer とあと1名の計6名で開発合宿に行ってきました。

f:id:kentana20:20151110002242j:plain

準備・企画

正直、あまりできませんでした。ただ、技術顧問である id:naoya にも話したら「開発合宿は2泊以上がオススメ ♪」とアドバイスをしてくれたので「2泊3日」を要素に追加しました。あと、箱根や熱海くらいだと近すぎて「出かけた感」が無いので

  • 古民家
  • 2泊3日
  • 近場過ぎないトコ

という感じで探して出てきた↓の古民家に泊まりました。

www.satoyama-office.com

結果として、この古民家は大当たりでかなり良かったです。備え付けのWi-Fiが遅かったこと、布団代がちょっと割高な点が残念ポイントでした。

また、古民家が飛騨だったので、企画に

古民家に70インチのプロジェクタが備え付けられていたので、「何を観るか」という議論の末、「やはり、聖地で氷菓を」という流れになりました。

スケジュール

ざっくりですが、こんな感じです。

11/7(土)

ポイントは開発開始時に自分のネタを共有しなかったことです。「コレをやります!」と共有してから始めてもよかったのですが、これも id:naoya のアドバイスから最終日の成果発表LTまでネタを共有せずに開催しました。

  • 9:00 東京駅集合
  • 9:30 北陸新幹線(かがやき)で富山へ
  • 12:00 富山でランチ(富山ブラック
  • 13:00 特急(ひだ)で飛騨古川へ
  • 14:20 飛騨古川から徒歩で古民家へ
  • 15:00 チェックインして近くのコンビニと酒屋へ買い出し
  • 15:30 3日目チェックアウトまでの予定を決めて開発開始!
  • 20:00 出前で夕飯
  • 23:00 初日開発をひと区切りつけて飲み会
    • 氷菓」「SHIROBAKO」などをちょこっとだけ鑑賞しました
  • あとは開発を続ける人は続けて、眠くなったら寝て終了
    • 自分は27:00頃までやっていた気がします

f:id:kentana20:20151110003942j:plainf:id:kentana20:20151110003945j:plain

11/8(日)

中日でかなり落ち着いて開発に集中できました。「2泊3日がオススメ」と言っていたことがよくわかりました。

  • 8:00~9:00頃 起床して開発開始
  • あとは食事以外は基本開発してましたが、 id:rei19 が持ってきた drone を操作して少しだけ遊んだりしていました

11/9(月)

昼までに成果発表LTとチェックアウトを済ませて、聖地へ寄り道してから帰宅しました。

  • 8:30~10:30 開発追い込み
  • 10:45~11:30 成果発表LT
  • 11:50 チェックアウトして撤収
  • 12:00 在来線で飛騨高山へ
  • 12:00~14:00 「氷菓」の聖地巡礼しつつ、高山観光
  • 14:30 高山→名古屋→東京というルートで帰路へ

f:id:kentana20:20151110010642j:plainf:id:kentana20:20151110010648j:plain f:id:kentana20:20151110010645j:plain

やったこと

自分は今回の合宿で、全然キャッチアップできてなかったネイティブアプリについて、学習を進めて、ネイテイブ開発の取っ掛かりにしたいと思っていたので

をテーマにして以下をやりました。

技術書は社内のアプリチームにオススメしてもらった以下をお借りして、写経しつつ、参考にしました。

Amazon.co.jp: Swiftではじめる iPhoneアプリ開発の教科書 【Swift 2&Xcode 7対応】【特典PDF付き】 (教科書シリーズ): 森 巧尚: 本

レポジトリ

  • 計算機アプリ
  • 氷菓検定クイズ
  • [WIP] ニュースリーダー

のアプリを作りました。

https://github.com/kentana20/

ここに収まっていますが、諸事情によりPrivateレポジトリなので、諸事情が済んだらPublicに上げます。

[WIP] 他のメンバーのやったこと

ここは順繰りに更新していきます。

まとめ

開発合宿はよい

約1年3ヶ月ぶりの開発合宿でしたが、やはり最高に楽しかったです。飛騨は遠いですが、日常から離れて開発に集中する時間は至福ですね。

といった要素も加わり、それも含めてとっても良い3日間でした。今回はちょっと準備不足もありましたが、開発合宿はうまく企画・運営できれば成果が出やすいイベントだと思います。次回は会社イベントでやりたいですね。

Swift 2/Xcode 7

今回初めてまともにSwift 2を触りましたが、記述の仕方や構文を見てもモダンな印象があります。関数型っぽく宣言的に書ける部分もあり、「最近の言語」という感じがして書いていて気持ち良いです。ネイティブアプリ開発、楽しいですね :)

何かアプリをつくりたい

Swfit 2 / Xcode 7 / iOSアプリの作り方については、今回の合宿で少しとっかかりになったので個人的にはアプリ開発を続けて公開するというところまでやりたいです。 ネタを探して年末を目処に頑張ってみようと思います。